5.15.2021

屋久島・永田前浜の防潮堤の移設と自然な海岸線の復元へ向けて

波打ち際から見た前浜の光景。
苦労して登った先には壁が待ち受けている。横へ横へと進んだアカウミガメは
延々とつづく防潮堤の存在を感じて諦めて海へと帰ってしまう。

日本は北太平洋で唯一のアカウミガメの産卵地であり、屋久島は産卵上陸数日本一だ。

僕の夢の一つは50年前の屋久島の海を見ること。
これはドラエモンができないと叶わない。。。

もう一つは永田前浜の防潮堤を後退させて自然の砂浜を取り戻すことだ。
これは僕の手には負いきれない大きな事象だけど、絶対に何とかしようと
思っている。でも一人じゃ無理だ。誰か力を貸してください。

永田浜はラムサール条約の登録地にもなっていて、世界的に重要な土地だと認められている。
登録された大きな理由は絶滅危惧種のアカウミガメの産卵地であるということだ。
それにもかかわらず、永田浜の半分近くを占める前浜では、防潮堤によってアカウミガメの大半は産卵できずに海へ帰ってしまっている現状がある。

しかし防潮堤は人間を守るために作られた構造物なので、
無闇に撤去しては問題もあるだろう。
そこで防潮堤から民家までの距離を測ったり防風林の幅を調べた。(目測)
もっとも狭いところでも30mはあったのではないだろうか。
防潮堤を撤去して、民家の近くに再構築する。
これによって、閉ざされた砂浜は、自然な植生を取り戻しアカウミガメの産卵率は飛躍的に向上すると想像できる。
ウミガメのためだけではない。自然な砂浜には多様な生き物が生じる。
更に海をと人を隔てる排他的な防潮堤が取り除かれることによって
住民の憩いの場となり、いなか浜と並ぶ観光地にもなり得る。
それだけではない、自然な海岸線を取り戻してアカウミガメなどを保護したとして世界的に評価されて屋久島の注目度は上がるだろう。いいことばかりだ。
近年の台風でゴミや何かが飛んでくるという声もあるが、
対処はいくらでも可能だと思っている。

これを屋久島町の環境課へ訴えに行ったら聞く耳も持ってもらえなかった。
そんな大それた計画は私には、、、から始まり、
無理な理由を延々と並べられた。
あまりのお役所トークに愕然とした。
環境課なのに環境なんて二の次なんだ。。。
今流行ですよ!?儲かりますよ!?

そして現・屋久島町長(荒木氏)が町の財源をひたすらに無駄遣いしている限り
この僕の夢は延々と叶わないだろう。
明日が期限の町長リコールに何故か2日間だけ参加してます。

僕はただ海辺の自然環境が良くなることを祈っているだけです。
これを叶えてくれるのなら、荒木町長!
あなたに投票しますよ!??

現実味がないので明日16日が期日の町長リコールに
署名してくれる方はご連絡ください。



4.16.2021

「おかえり、ウミガメ」(アリス館)発売!オリジナルプリントも完成。



昨日くらいから書店に出回っている様です。
10年がかりの結構渾身作ですので是非ご覧ください。
子供向けの写真絵本ですが、大人でも見応え、
読み応えがあると思います。

屋久島経済新聞で取り上げていただけました。↓

正式発売日は4が15日なのであと少し。
書店やamazonでも予約を受け付けていますので
ぜひご購入ください。




富士フィルムでの写真展の後写真がいくつか売れたので
オリジナルプリント作成も行っていました。
紙選びやプリンターの調整をかなり入念に行って
結構いい感じにできたかな。
この2枚は屋久島の「雪苔屋」さんで展示販売しています。




「おかえり、ウミガメ」の表紙にもなったアカウミガメの赤ちゃん



今年の新作ザトウクジラとマダライルカ
そうだ今日は一湊沖でクジラを見た。
というかブリーチの痕跡のみ。
だけど間違いない!



ではではー。

4.05.2021

おかえり、ウミガメ(アリス館)



見本品が届きました!

アカウミガメに関しては想いが強すぎるのか
なかなか良い形にまとまらずに、
随分と時間がかかってしまいました。
いつも通り編集者さんの適切なフォローがあり
担当者さんの励ましもあって、ようやくの出版です。

ウミガメって可愛いし人気があるだけでなく、
人間と海との中間にいて、僕たちに海のことを教えてくれる
存在だと思います。
海の環境保全の難しさは、海の中が見えないから、
想像できないからかな。
でもウミガメは海から陸にやってきて、海のことを少しだけ
僕たちに伝えて、また海へ帰っていく。
ある時は帰る浜がなかったり、ゴミを食べてしまったり。
急激な温暖化で種の存続が危うくもなる。
(ウミガメの雌雄は卵が過ごす砂の中の温度によって決まる)

今回の絵本ではアカウミガメの真摯な生き様が
メインなのであまり環境問題には深くはふれていませんが
少なくともウミガメは僕にとってはそんな存在です。
だからこれからもずっとテーマとして追い続けていきます。



こちらは裏表紙
去年撮影したちょっとリアルな写真(交尾)が使われてます(笑)
アリス館さんから出版させて頂く4作品目で、帯も豪華になりました。




またアリス館40周年で記念の折込(アリス館通信)も入ってます。
さらに帯にはSDGsのロゴも。
編集の方はこれを載せるために国連と
英文メールで何度もやりとりをしたそうです。
絵本界初のSDGs認定作?!


折込ではなんとニャタロウ先輩とトラちゃんが
衝撃の漫画デビュー!


広げた裏面はポスターみたいにもなりますよ!




正式発売日は4が15日なのであと少し。
書店やamazonでも予約を受け付けていますので
ぜひご購入ください。


3.20.2021

富士フィルムの写真展へ

2021 3/20

六本木の富士フィルムスクエアで開催中の
写真展「海流が育むいのち」へ行ってきました。
出版社もまわったり何だかんだで1週間ちょっとの東京滞在。
ちょっと疲れたけど、楽しかったな。

『海から見たニッポン』
「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~
阿部秀樹・鍵井靖章・佐藤 輝・関 勝則・高久 至
多様な海を感じ、自然との共生を考えよう!
フジフイルム スクエア 企画写真展(六本木)
2021年3月12日(金)から4月1日(木)

屋久島から北海道まで5つの海に
焦点を当てて展示されています。

まだまだ続きますからぜひ見てくださいね〜!

7/23-8/11の期間は
富士フィルムフォトサロン大阪
にて開催されます!



同時開催の「is Blue」
女優の木村文乃さんが初日にいらしていたとか。
みんな気がつかず。。。
そしてTwitterで、そして僕の渾身のクジラとイルカの
写真を大絶賛してくれていた。
でも、、、よく見ると、「関さん凄い」って書かれていた!
関さんが凄いことは間違い無いんだけど、、、、
文乃ちゃーん!
在廊していなくても知床の関さんには敵わなかった(笑)




入り口にや駅などに屋久島のアザハタがドーンと待ち構えていた。
嬉しいなぁ。


 初日の設営メンバーの皆さんと一枚。
写真家の鍵井さんと葉山のテルさん。
そして阿部さんは初日参加でした。

展示作品は富士フィルムさんが作成した特大のもので
その美しさ、色合いが素晴らしかった。
パソコンのモニターで見ていた絵と同じ。
平面性も文句なしで、ほんとにいい展示。



今回の展示のもう一つである海の環境問題についてのパネル。
海上の入り口脇にありますので写真展を見てから、
じっくり読んでくださいね。

ご来場いただいた皆さま、富士フィルムの皆さま、
ご一緒させてもらった写真家の皆さま、ありがとうございました!



「月刊ニュースがわかる」(毎日新聞出版)
今月号から半年間連載です!
と言われていたけど、長期連載になりそうです。
内容は新聞を要約したものでテレビなしの我が家にはちょうどいい。
中学受験に役立つ!だそうです。是非よろしくお願いします。



これは来月発売の新刊写真絵本!
「おかえり、ウミガメ」(アリス館)
渾身作です。
また告知しまーす。



1.18.2021

「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~


DMが届いたので再度のお知らせです。

3/12 ~ 4/1 東京
7/23 ~ 8/11  大阪
富士フィルムフォトサロンにて写真展を行います。

そこで募集です!
このDM(横長のポストカードサイズ)を屋久島のお店で置いてくださる
方はいませんでしょうか?
メッセージいただければ暇な時に持っていきます!

写真展の詳細は以下をご覧ください。



『海から見たニッポン』
「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~
阿部秀樹・鍵井靖章・佐藤 輝・関 勝則・高久 至
多様な海を感じ、自然との共生を考えよう!
フジフイルム スクエア 企画写真展(六本木)
2021年3月12日(金)から4月1日(木)
http://fujifilmsquare.jp/detail/2103120123.html
大先輩の皆さまの胸をお借りして、屋久島より参加させて頂きます!
まだ未定ですが、開催日から何日間かは在廊予定です。また告知させて戴きます。

























もうしばし屋久島にいるのでブログは
「屋久島ダイビング日記」にて更新中です。

1.06.2021

神奈川県・葉山 頭足類ぞくぞく!〜スジコウイカの求愛〜

2021/01/05
神奈川県 /  葉山
晴れ 凪 水温16℃?


葉山にやってきました。
もちろんガイド海の先輩であり、
僕の心の中の尊敬する人ランキングNo1の輝さんがいる
Nanaさんにお世話になりました。

そして偶然にも?僕の敬愛する世界で一番会いたいガイドである
モルジブのカオリータにも会えた!
「最近私のレア度おちてんねん」って言ってたけど
リュウグウノツカイより出会った回数は少ないですって。

そしてガイド会フォトバトル1回戦で僕が惨敗した
偉大なるパーコ先生と、、、4人で記念撮影。



これだけで楽しかったけど、
やっぱり本業は海の中〜。
とんでもない出会いがいっぱいだった。


スジコウイカの群れ
カジメの脇に7匹集まってホバリングしていた。
気になってずっと観察していると、、、


スジコウイカの求愛ダンス
左がオスで、右がメス。
左のオスが左右にステップを踏むようにキュッキュと動きながら
その度に腕を広げる。体色もコロコロ変わって面白い。


スジコウイカの求愛
小型のコウイカの分類が苦手で悩ましかったのでので、
観音崎自然博物館の山田和彦さんにお聞きしたら軽快にあれこれと
教えていただけた。

パッとみで全然違うらしい。
分かりやすいところでは腕の太さで
スジコウイカは太い。


ボウズコウイカ
別の場所で出会った腕が妙にのびていた個体。
この腕の感じはまさにボウズコウイカ!
スジコウイカよりもやや小ぶり。


コウイカ属の1種
こちらは随分と体が細長い!
大瀬でこれの求愛を見たことがあったけど、
これがさらに伸びるの。



イイダコ
これまたヨツメダコと悩ましかったけど、イイダコらしい。



キビナゴの群れ
おお〜ビーチから潜ったらエントリー早々キラキラ祭り。
今年の秋に屋久島では全然見なかったけど、まさか葉山にいるとは。
伊東でもたくさんいたし、一体どうなってるんだか。


カジメとウミシダ
8、9年前に初めてここでダイビングをした時とは随分と景色が変わった。
温暖化に黒潮大蛇行のダブルパンチの影響は強く
関東近縁の海に生きるものたちは大変だったろう。
南方種が多く華やかでいいな〜と感じたり、
変わりゆく海に寂しくなったりと忙しい。


クマドリカエルアンコウ
まさか葉山でこの子を見る日が来るとは!

おお〜カジメの根元にベニカエルアンコウ!


ウミシダの合間にはベニカエルアンコウがいた。


こっちは葉山らしい海藻とタツノオトシゴ


「ぱーこ先生と学ぶ相模湾」で
登場させていただけたので是非ご覧ください!
ご登録ください!

ぱーこ先生と学ぶ相模湾では、都心から近くの相模湾に暮らす生き物や、ダイビングに関する様々なテーマ、豊富な自然を守る方法などをテーマに動画をアップしています。 下記リンクをクリックするとチャンネル登録ができます。是非、高評価やコメントもお待ちしています。 http://www.youtube.com/channel/UCgMO5​...



書きたいことたくさんあるけど、
長くなったので、ひとまずこの辺で。


葉山でお世話になった皆さま大変ありがとうございました!!!
やっぱり癒しの場所でした。





1.01.2021

静岡県・大瀬崎「元旦にリュウグウノツカイ!」

2021/01/01
静岡/大瀬崎
晴れ 西風強く 水温17℃


2021年のはじまり。
今年はなんだか良い予感。

雑誌での新連載のお仕事が決まり、
写真絵本もいくつか出版できそうだし、
下記でお知らせする富士フィルムでの写真展も決まって
慌ただしくなりそう。

散々だった2020年を吹き飛ばすような2021年にするぞ!
そう思いながら迎えた二日酔いの元旦、、、。
のっけからダメだな〜とちょっと落ち込みつつも、
夜には完全回復!

相変わらずの強い西風で浮遊系は微妙な感じだけど、
ソデイカやトウガタイカ(昨日)などの深海系のプランクトンが現れていた。

そしてさっき、潜水時間キリキリの19時50分すぎ。
みんなが撤収して、僕も撤収しようとライトトラップのために
設置していたライトを回収に行くと、、、なんかいる。

太刀魚か!!?

いや、、、これは、、、

リュウグウノツカイだ!!!!

体長7−80センチはありそうな大きな個体!!

もう訳のわからぬまま分ほど撮影して大急ぎで撤収。
誰もいなかったから誰とも感動を共有できずに
残念だし寂しかったけど、海の贈り物に感謝。

ゴミが多すぎて撮影は今ひとつだったけど
気持ちは大満足の元旦だった。



と言うわけで、本年もよろしくお願いいたします!





〜写真展のお知らせ〜


『海から見たニッポン』
「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~
阿部秀樹・鍵井靖章・佐藤 輝・関 勝則・高久 至
多様な海を感じ、自然との共生を考えよう!
フジフイルム スクエア 企画写真展(六本木)
2021年3月12日(金)から4月1日(木)
大先輩の皆さまの胸をお借りして、屋久島より参加させて頂きます!
まだ未定ですが、開催日から何日間かは在廊予定です。また告知させて戴きます。