3.11.2022

原発性アルドステロン症 〜根治編〜

 無事に手術が終わった。

原発性アルドステロン症について

振り返ることはないだろうけど、一般のブログも参考に

ここまで来れたので僕も最低限書き記しておこう。

前回ブログは、屋久島、鹿児島と転々として、

より高度な医療を望める横浜まできて検査入院まで。

検査入院では副腎静脈サンプリングというものをした。

左の副腎にある2センチくらいの腫瘍からアルドステロンが

過剰に放出されていて、それが原因で高血圧やら低カリウムが

引き起こされているらしいのだが、間違いなくその腫瘍から出ていることを

確かめる検査。これは正確な手術をするために必須みたい。

これが想像以上にしんどくってビックリ。

局所麻酔で2,5時間。

カテーテルでグリグリされる。

左右両方の副腎から採血。

「息をあまり吸わないで、お腹を極力動かさないように〜」

とか先生が言うから本気を出したら大失敗。

アカモンガニのハッチアウトを狙うかの如く

難易度高めの呼吸法をしたら持続力がなく、途中で苦しさマックス。

おかげでカテーテル中に血圧が急上昇して先生も大変だったみたい。

そのせいで血が溢れて?いまだに太ももに大きなアザがある。

(だいぶ薄くなった。)

そのあとも安静にしていなきゃいけないのに

ランニングとかして、多分悪化。

カテーテル後は安静にするべき!(経験者談)


一度島に帰りまた横浜労災病院へやってきた。

前日入院して、翌日に手術。(3日前)

副腎の腫瘍だけを部分切除できるのが理想だけど

手術してみないとわからないとのことだった。鹿児島では

全摘しかないと言われたので、部分切除できればラッキー。

全身麻酔をしてあっという間に手術終了。

検査より全然楽だった。

しかも部分切除が成功したようで、副腎も半分くらい残った。

ありがたい。ほんと横浜まで来てよかった。

麻酔が切れるまで2時間くらいハイだったけど、

そっから朝まで地獄のような時間。

今思えば痛み止めをたくさん打ってもらえばよかったと思う。

お腹や手やOOOに管が入っていて身動き取れない

状態で一睡もできずに、寝返りも打てずに、

1時間が永遠とも感じられる気の遠くなるような時を過ごした。

昼前には、ちOこの管が外されてちょっと解放されるも

痛みは激しく、ほぼ動けない。

痛み止めはもらっていたけど、もっと強い痛み止めもあったらしい。

2日目から痛み止めを強くしてもらったら急激に回復!

なんだなんだ。痛み止めすごいな。

もらったのはロキソプロフェンだったかな。

調べた感じ市販のロキソニンと同じ成分?

とにかく急に人間に戻れた気分だ。

あと少し検査やら療養をしたら退院。


1月中ごろに屋久島の病院に行ってから

約2ヶ月。

おそらくこれ以上ないほど早く治療ができたと思う。

とにかく最速で治療してもらえるように

どこへ行ってもひたすらお願いし続けた。

「4月からは海でバリバリ潜るからそれまで何とかお願いします」

そのためにすべてのスケジュールは開けたし、

できることは全てしたとは思うけど、それでも

屋久島でも、鹿児島でも横浜でもどの先生も

親身に対応してくれて本当に感謝しかない。

運にもかなり恵まれていたと思う。

もう病気にならないように、健康生活を送ろう。



40歳を迎える今年は

これまでになく狂おしく全力で活動します。

今は今年の計画で頭がいっぱい。

やりたいことが多すぎる。

人生もそう長くはないなと思える今日このごろだからこそ、

精一杯悔いのないように生きようと

改めて思うのだった。


53時間ぶりのご飯。
完食できなかったけど、美味しかったなぁ。


術後2日目でようやく自力でコーヒーを買いにいけた。


ジュールヴェルヌの傑作
「海底2万海里」
入院生活がこの一冊でとても幸せなものになった。
1872年にこれが書かれたなんて信じられない。
21世紀のプロダイバーをもうならせる珠玉の海中探検物語だ。



本が重すぎて術後2日間は持つことができずに相当苦労した。。。



あー早く海底の旅に出たいぞ!



2.15.2022

原発性アルドステロン症だぜぃ!



2月14日バレンタインの夜。

暗い部屋に小さな明かりが灯った。

ベットの脇には純白の麗しい女性。

そっと僕の手をとる。



ドキドキが止まらない。。。










ちくっ。




麗しの女性
「はい、採血終わりましたよー。」






ええ。

横浜で入院中ですよ。







去年から妙に血圧が高かった。 
(最高で190/120くらい。)

ひょっとしたら血を燃やして戦う鬼滅隊になれるのか?

柱になれちゃうのか!?

ちょっと高揚したのも束の間、

血圧が高くても鬼は倒せないと知った。

そして程なく原因が判明した。




その名も原発性アルドステロン症。(ちょっとカッコイイ。)

副腎に腫瘍ができてそれがアルドステロンというホルモンを

過剰に分泌することで高血圧が引き起こされるらしい。

原因は不明で、若者の高血圧の原因では結構あるみたい。

基本的には取れば治る!

でも両方の副腎に腫瘍があると取れないので薬での治療になるらしい。

今のところ1つ。取れば治る!

今は精密検査のために1週間入院中。

問題がなければ腫瘍を摘出するだけ。

そうすれば完全復活!

今は腫瘍が一つであることをひたすら祈る。


ここまで長かったなぁ。



腫瘍が両方にあるとちょっと面倒だけど、

大丈夫な気しかしていない。

仮にどんな結果でも今シーズンもまともに潜れますよ。 

これからも!

なので心配は無用です。
(1mmくらい心配してもらえれば!) 



すでにたくさんの方にご迷惑をおかけして

しまっているのでご報告でした。

とりわけドタキャンしてしまった皆さま本当にすいませんでした。。。

あと1ヶ月くらいは思うように動けないと思います。





ちなみに今とっても暇です。

朝飯も昼飯も抜きでただ待つのみ。

なのでもう少しだけ書きます。




去年の秋に、串本の御一行さまを見送ってから、
ちょっと良いワインでも飲みますかと

スーパーに立ち寄ったら、集落のおばさまに捕まった。

献血いかがー!?

はいはい。わたしめで宜しければ。




そこで血圧高いですねーとなった。

献血してなかったらいまだに病気に気がついてないはず。

おばさまに感謝だなぁ。。。

献血もしてみるものだ。



それから血圧を下げるために食生活に気をつけた。

もともと質素な生活なんだけどな。

霜降りの牛肉を食べると発熱するほどに質素?(笑)



食生活を多少変えても全く変わらなかった。

これはいよいよおかしいぞとなって島の病院へ。

そこから、採血して、採血の結果に1週間待って。

もう一度採血して、待って。腹部エコーとって。

片側に2cmの腫瘍が見つかった。




島ではどうしようもないということで、鹿児島大学病院へ。

紹介状を持って行って、また採血やら腹部エコーやら心電図やら

とって屋久島へ引き返す。

次は造影剤を入れてのCTこれが結構苦手だった。

ジュルジュルっと液体が血管を流れると急に熱くなった。




普通の流れではさらに検査を進めて、手術になる。

流石に自分でも病気について色々と調べてみたら、

東北大学で最新のラジオ波という治療があると書いてあって

それにめちゃくちゃ惹かれた。一つの副腎ならとっても良いというが

やっぱり残せるなら残したい。

鹿大では内分泌科と放射線科へ行って色々と相談。

そうしたら横浜の労災病院がいいよと教えてくれた。

すごい親身になってもらえて嬉しかったなぁ。

検査も屋久島からということもあって、

ものすごい日程や時間調整をしていただいた。

ありがとうございました。

(結局横浜でもラジオ波はやらない方向だけど、
検査も手術もより専門的でレベルが高いみたい)



しかし自分で話を持っていかないと、

この流れにはならないんだなということも知った。

自分で調べる。これ大事だね。




さてまたまた紹介状を持って移動。

横浜へやってきた。実家が近いので本当にラッキー。



またほぼ一からやり直しで、内分泌科へ行って初診。

次の検査入院のスケジュールを決めるんだけど、

タイミング悪く、次は3週間後くらいになりそうとのこと。。。


えー、、、屋久島から来てるんですけど、
春にはバリバリ潜りたいんですけど!

と伝えてあったので、そこから先生がめちゃくちゃ頑張ってくれて、
「今から入院できる?」

って。願ってもない提案。なんとそのまま入院することができた。

ほんとありがたい。


同じ病気の人のブログとか読むと、
数ヶ月待ちとかもあったからこれまた運が良い。

内分泌科の先生にはもちろん感謝だし、屋久島にも感謝だなぁ。



今の担当の女医さんはかわいいし、看護師さんもかわいいし。

ご飯は意外とおいしいし、健康的な食生活を送れそう。

それにwifiもあったし、下にはコンビニもあったし、

女医さんかわいいし。あっ2回言っちゃった。




まぁそんなこんなで、しばらくゆっくりしつつ、

シーズンに向けてがんばるぞ。






ゆっくりするのもいいものだ。
最近は各種鯨本を読み漁る。
ホエールウォッチングのブームの一方で、日本は商業捕鯨を開始した。
日本人にとっての鯨とは?僕にとっての鯨は?
保護団体にとっての鯨は?
ここに自分なりの明確な答えを導き出したい。



病院食。
ナスの炒め物がしみたなぁ。


今日は検査で朝も昼も抜き。
無理矢理ねじ込んでもらえた検査だから
いくらでも待ちますよー!


それではまた。

1.28.2022

写真絵本ハタハタと宝石みたいなブリコ

 2021//12/11-23(木) / 秋田




お世話になった方々への挨拶や、ハタハタの追加撮影、

新たな取材などで昨年の12月に秋田を訪れました。

その時のことやハタハタについてちょっと書きます。


(写真:秋田さきがけ新聞 三浦ちひろさん提供)

葉山のダイビングショップNANAの佐藤輝さんの紹介で

秋田県副知事の猿田和三さんを表敬訪問。


秋田朝日放送(AAB)、などで取り上げて頂きました。


その後、北海道よりグラントスカルピンの佐藤長明さんと合流し、

一緒にハタハタを追いました。その時の詳細はまた後日。



同じタイミングでカメラ雑誌のCAPAさんで
「写真家×SDG's 未来に手渡す写真」の第3回ゲストとして
記事を書かせて頂きました。



そして先日はラジオ出演でした。
ABS秋田放送「のんびリズム」
次の日曜日1/30日にはポッドキャストで聴けるようです。
#67で登場かな?



2月中頃には「なんも大学」さんに登場予定です。



ハタハタについて色々と書こうと思ったけど
報告するだけでお腹いっぱいになちゃった。
また後日改めて書こう。
でもブリコをちょっとだけ載せておこっと。




写真は2021の12月、海底に落ちていたブリコ(ハタハタの卵)を拾って撮影。
撮影後はすぐに海に戻しました。

色とりどりのブリコ、秋田では赤っぽい色が多い。
食べる餌の種類によって色が違う。

秋田では緑のブリコは珍しい。なんて美しいんだろう。


ではまた!

1.06.2022

イボクラゲに棲むイボダイ~ウミシダ楽園~

2022/01/05
神奈川県 /  葉山
晴れ 北の風 水温14℃

定番になりつつある大瀬、葉山潜り。今年もやってきました。
テルさんにはついこの間、秋田であったばかりだから
ほんとよく遊んでると思う。
去年はフジフィルムの写真展に、屋久島ツアーにきてもらい
そして秋田では副知事の猿田さんを紹介していただき、
新聞やニュースに出ちゃったりして、
なんだかんだととってもお世話になりました。

さて気になる葉山の海。
大瀬同様変化のが著しい。
でも今年は去年より2度近く水温が低く、
また温帯化するのか!?とか気になるところ。

イボクラゲに棲むイボダイ?の稚魚
クラゲも魚も立派!
イボクラゲの傘にあるイボの部分がない。
おそらくイボダイが食べたのかちぎったのだろう。
よく見ると傘に穴ができている。
イボダイはそこに隠れようとしているようだった。
そんなことってあるの、、、?
もっとじっくりと観察したかったけど、漂流しそうだったので断念。

しかしエントリー5秒でこれを紹介してもらえるなんて、、、
感動しすぎた。

1ダイブ終えたら颯爽と東京へ向かう姿がまた
なんとも輝さんらしい。


ジュズエダカリナ(海綿)に取り付くシモフリウミシダ
今回は主にウミシダにハマっていた。
昭和天皇も研究されていたということもあり、
丁重に撮影!?
魚以外の生物が気になって仕方のない海だと思う。
海藻にウミシダやヒドロ虫、海牛などの無脊椎動物が楽しすぎる。


カジメに取り付くウミシダの仲間
岩についてるのがニッポンウミシダで、
カジメについてるのがシモフリウミシダかな?
なかなかにシュール。


「あのウミシダはなんだっけ?」
「ほらあの大きなウミシダだよ」

はい、そのまんま。
オオウミシダ!

これがまた凛々しく結構好きだなぁ。

ヒョウモンダコが大きい!
屋久島で見るヒョウモンダコの2,3倍はある。



葉を落としたカジメとウミシダ
葉山だなぁ。
あと少しでこのカジメの茎の先っぽから
また葉が生えてくることでしょう。



「湘南 波の下水族館」(青菁社)
佐藤輝 / 鍵井靖章


「パー子ちゃんカレンダー」
絶賛発売中です!!

1.05.2022

2022年 激変した海 〜アカハタ王国!?〜

2022/1/4
静岡県 大瀬崎 

2022年ですよ。
喪中なので挨拶は控えさせて頂きますが、
今年もよろしくお願い致します!

ハナダイの群れ
先端のこの楽園感は相変わらず。
本当に魚影が濃い!
あ〜楽しかった。
クリスマスから年明けまで、
はまゆう荘、はまゆうマリンサービスさんで
お世話になりました。
お店を辞めてから12年も経つけど、
いつも優しく迎え入れてもらえて嬉しいなぁ。
1年ぶりの大瀬の海について書き留めておこう。


アカメバル
数年後には見られなくなるような気がして必死に撮影した。
いつも上向きで伊豆で一番好きな魚かもしれない。
なんて愛おしい。。。

ここのところ環境の変化のスピードが本当に早いと思う。
目眩がするほど。
多分通常の100倍速かそれ以上。大袈裟ではないと思う。
僕が学生時代に潜っていた大瀬崎とはまるで別の海。
とりわけこの2,3年の変化は激しい。
去年まで浅瀬にいたクロメバルはおそらく絶滅。
ずーっと観察していた柵下のトゴットメバルにも会えず。
(まだ少しいるらしい)
4、5年前に産卵を観察して楽しんでいたオビアナハゼは
先端の40mで1個体のみ確認。
アナハゼにはついに出会えず。
激減したと感じていたカサゴとメバルは去年の半分以下に。
マダコが減った代わりに、南方系のワモンダコがいた。
他に見られなくなった生き物の多いこと。。。

でも逆にこれまで見られなかった生き物がとんでもなくいた!
メバルの群れがいたところではグルクンやササムロが泳ぎ回り、
アカハタの増殖は著しく、カサゴの地位を奪いつつあった。
アカオビハナダイは10年前の数百倍に増えた。
湾内では、もはやキンギョハナダイ以上の優先種!!
前回のブログで書いたアザハタ王国も然り。
細かく書いたら枚挙に遑がないほど南方種は多い!
本当に多い。

この環境の変化は実際に潜って体感しないと分からないだろう。
陸上でもたくさんの変化があると思うけど、海の中では
それをより分かりやすく感じることができる。
環境変化を肌で感じられる最前線に、ダイバーいると思う。
今回はあまりの海の変化に驚いたけど、
人との出会いが多く、海での学びも多く、何より居心地が良く、
楽しいひとときを過ごせた。


サンゴの養殖スポットでは屋久島と変わらぬような生き物たちがいた。
ナンヨウハギにメガネゴンベにフタスジリュウキュウスズメ!


湾内のゴロタはニセカンランハギ、ニザダイ、ホウライヒメジ。
ロクセンフエダイも数匹でいた。去年、一昨年はゴロタをおおう
無数のクロホシイシモチがいたのにめっきり姿を見なくなった。

柵下や外海ではこの数年ムチカラマツが壮絶に減ってきている。
去年も驚いたけど、今年は呆然とした。
海の景色が随分と違う。この先どうなってゆくのか。
でも貴重な光景なので、心を鬼にして写真に収める。


前回のブログの大瀬崎アザハタ王国に続き、
今度はアカハタ王国!?
先端で数十匹が群れていた。
この規模のアカハタは見たことがない。


アカメバル、カサゴの楽園だった魚礁からその2種がほとんどいなくなり
南方系が泳ぎ回る。
もう異世界に迷い込んだ気分になった。
年一でした潜らないからこそそう感じるのかもしれない。

そうそう、しかしこれだけ南方化が進んでいるのに
昨年の春は大型海藻のホンダワラ類の繁茂が最大規模だったとか。
これも大きな環境変遷の過程なのか。
驚くことばかり。

これらの現実とどう向き合っていくけばよいのか
正直よく分からない。でもまずは記録しておかないと。
僕にとっての写真はアート、芸術でもなく
やっぱり海の記録がメインかな。
だからこれからもinsta映えみたいな誇張を控えて
地味ーにアップしていこうと思う。

元旦には深海魚のミズウオが現れた!
お腹の中には未知のイカが入っていて、
今研究者の方が調べているとか。


浮遊系の出物はあんまりなかったけど
最終日に出会ったこの子が個人的にはヒット。
シャシホコみたいな体勢で泳いでいた。
マクロがまさかのカードエラーで
フィッシュアイで超絶頑張って撮影&超絶編集して
なんとかお見せできるレベルに、、、?


横から見るとシャチホコ!
今図鑑もないので先生に問い合わせ中。
(分かり次第追記します。)

大瀬崎は本当にいつ帰ってきても
落ち着くところ。
今回も数日で屋久島の一年分の出会いがあったと思う。

それではお会いした皆さま
ありがとうございました。
また来年??

12.31.2021

ついに、、、大瀬崎にアザハタ王国が出現!!!



2021/12/31

静岡県 大瀬崎 





今年の秋田での取材日記を書かなきゃと思いながら

ひとまず現在情報をアップ。

去年に続き大瀬崎の「はまゆうマリンサービス」さんで年越し。

確か2年前、店長の相原さんが

「大瀬にもアザハタ王国できるかもねー」

なんて冗談っぽく言っていた。

アザハタ稚魚の大量出現から数年。

去年は黒っぽい稚魚の体色から、赤い色に変わった若魚が撮影できた。

そして今年、、、何とアザハタは王国を築きつつあった!!

体長は22-24センチくらい。(手の大きさとの比較で)

まだ幼さの面影がありながらも、敵(オオモンハタ)を追い払う姿や、

住処をバタバタと掘る姿(のなぴ氏談)が確認できた。

周りにはアカシマシラヒゲエビ、ケラマハナダイ、フタイロハナゴイ

アオハナテンジクダイと南方系のいきものがたくさん。

いずれも屋久島のアザハタ王国と同じ住人。

アザハタの王様が出現するとその住処は加速度的に豊かさが増す。

多様性が増し、社会システムができそして王国になる。

今はまだ未完成だけど王国と呼んでも差し支えないレベルまで来ていると思う。




本当に大瀬にアザハタ王国ができるとは、、、

いつかできるだろうとは思っていたけどこんなに早いなんて!

今季越冬すればいよいよ立派なアザハタ王国になるだろう。







王国はゴミ屋敷!?
テレビの隙間が主な隠れ家。
しばらく待っていると、テレビの隙間から「ぬっ」と必ず出てきてくれる。
「お主、なにやつ!?」と王様の声が聞こえてくるみたい。
まだ性転換前で多分メスだから女王様か。








貫禄でてきたなー。
他のハタと違って、敵を追い払う!
えらいなー。
王様の威厳が出てくると、そこにはたくさんの住人が集まる。








まだこのテレビの隙間に入れるくらい小さい。










テレビの隙から外の様子をうかがっている。








アカシマシラヒゲエビ
アザハタ王国には欠かせない重要なエビ。




ケラマハナダイ稚魚
屋久島のアザハタ王国の主要なハナダイ!
それが何匹もいた。
南国化がどんどん進んでるなぁ。





アカオビハナダイ稚魚
大瀬ではアカオビの方が多い。


フタイロハナゴイ
こちらも南国系の魚。



クリアクリーナーシュリンプ
ウツボと一緒にこんなエビも。
この手の生き物がいると多様性が増す。


これからのアザハタの成長と王国の発展が気になって仕方がない。
温暖化は心配だけど、アザハタには元気でいてほしいなぁ。
と複雑な心境。




アザハタ王国ができた!と驚愕していたら、
そのタイミングで荒俣宏大先生が現れた!
せんせい〜!!!
拙著では素敵な帯を書いて頂き有難うございました!
一緒に潜ってアザハタ王国を確認してもらい、
南国化する大瀬崎の海を見ていただいた。
まさかここで一緒にアザハタを見れるなんて。。。
嬉しすぎる〜!



写真:高久至 文:かんちくたかこ 
発売中〜!


はい、長くなりましたが、アザタハ王の宣伝でした!(笑)



ではでは皆さま、
良いお年を!!!


12.13.2021

写真絵本「ハタハタ 荒海にかがやく命」あかね書房/高久至著




「ハタハタ 荒海にかがやく命 」あかね書房  2021年12月発売

SNSに載せてブログを書いていなかったので更新。

僕は幼少期の夏を秋田で過ごしていました。
その思い出の多くは海や川などの自然。
おばあちゃんから聞く昔話が面白くって。
その一つがハタハタ。
とにかくたくさんのハタハタが獲れて、山盛り買って、
一生懸命仕込んで、そして毎日ハタハタを食べていたと聞いた。
戦後の食糧難から冬の貴重なタンパク源として重宝されたハタハタ。
多い時では2万トン獲れたのが、気がつくと71トンまで減り、ついには
1992年から3年間の禁漁。
その後漁獲量を制限したこともあって徐々にハタハタ資源は復活しました。
これは世界的にも稀な資源復活の成功例として今でも語り継がれていますが、
2021年現在、禁漁直前と同じくらいまで資源が減っています。
もう限界ギリギリです。
この写真絵本はハタハタという魚の魅力に迫りつつも、
漁業のあり方や漁業資源の未来について考えてもらい一心でできました。
こんなマニアックな写真絵本の出版を許してくれた「あかね書房さん」
には本当に感謝しかありません。
SDG'sの流行りに乗っかってドーンと広まってくれるといいな。


ぜひご購入お願いします。
https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php...
豊かな日本の海の未来を願って。。。


以下の写真はこの数年で撮影したもの。
まだ今年は出会えていない。去年もギリギリだったからなぁ。


本隊接岸前に1匹だけ現れたメスのハタハタ。
この1匹に出会うために去年は2週間も荒海と向き合ったようなもの。






海底には無数のミドリイソギンチャクが生息している。
毎年ハタハタやその卵をたくさん食べているから多いのだろう。
こんな風に弱ったハタハタや死んでしまったハタハタをペロリと食べる。







ハタハタの産卵
海藻の根元にメスが卵を生み付けると同時に
たくさんのオスが集まって放精。何が何だかわからない感じで
ワーっと集まってパッと終わる。






ハタハタの卵(ブリコ)
色とりどり。ハタハタの食べる餌の違いによって色が変わるらしい。
ほんとにこんなにキレイ!
地域によっても差異があるらしい。北海道では緑(?)っぽい色の卵が多いと聞いた。







黄色いブリコ
秋田では少ない。濃い赤の卵が多いかな。






ハタハタが増えるには何をするべきか。
ハタハタにとっては禁漁するのが最善。間違いない。
しかし人は魚のために生きているわけじゃない。
ハタハタの漁師は絶対に禁漁したくない。地元民もハタハタが食べたい。

大きな問題の一つに、漁師によるハタハタの横流し。それと密漁がある。
ハタハタの横流しはもはや文化みたいなもの。そんな話もよく聞く。
横流しが文化であれば、もはや漁獲枠を設定する意味がない。。。
そんなこともあって漁獲枠は廃止されたようだ。
上の写真は違法に獲られるハタハタ。
浅瀬にカゴを仕掛けておくだけで勝手にハタハタがぎゅーぎゅーに入るのだろう。
なんてこった。。。







ニュースほどではないけど、ほんと高いなー。





それに比べて他の魚やすいなー。

さて明日は少しは海が落ち着くのか。。。
早くハタハタに会いたいぞ。


ではでは。