12.14.2018

ハタハタ初遭遇!秋田とハタハタについて。

2019年12月14日
秋田県・男鹿半島
水温11,6℃ 透明度2-7m
ダイビングショップ:シートピア

ハタハタ(Arctoscopus japonicus)英名sandfish
ハタハタとの初遭遇から数日、最良の日を逃し、
今日も夜な夜な出陣したけれど雪に阻まれ断念。
車が進まない。。。
真っ白な雪みちを白いウサギが飛び跳ねていた。
ウサギ喜んでるなぁ。。。

秋田の風物詩であるハタハタ。
風物詩などという表現では治りきらないほどに、
深く秋田の文化と人々に根付いている魚である。
日本では山陰地方や北海道でも取られているが、
秋田県民ほどハタハタを愛している人はいないだろう。
寝ても覚めても風呂屋に行っても、漁師も釣り人も庶民にいたるまで
ハタハタの話題で持ちきり。

「秋田魁新報」12月11日の記事
https://www.sakigake.jp/news/article/20181211AK0025/

この時期だけにどっと押し寄せて、潔く帰ってゆくハタハタ。
難しいとは聞いていたけどこんなにも、苦労するとは。。。
あともう少しチャンスをもらえるといいな。

ハタハタは全盛期には秋田で20000トンの水揚げがあった。
去年はたったの400トン。最盛期の50分の1だ。
それでも今年は少し期待されていて800トンくらいの漁獲制限枠が設定された。
こんなに資源が減っているのにこんなにとっていいのだろうか、、、。
データからは今年は去年よりも多くの漁獲が予測されているらしい。

ハタハタに沸く秋田で、減りつつあるハタハタに想いを寄せながら
もう少しもがいてみよう。





12.07.2018

アイナメの卵保護とイノンZ330の威力。

2019年12月7日
秋田県・男鹿半島
水温14℃ 透明度10m
ダイビングショップ:シートピア

寒波がやってきた。
北国の北西風は半端じゃない。
朝一は穏やかだったのに気がつくと嵐のような海に変貌した。
もしかして潜れちゃう?とか思っていたところだったので
危ない、危ない。

でもこの寒波を待っていたんだ。
秋田の人はみんな知っている。
冬の激しい時化と共にハタハタが現れることを。
風呂屋でもおっちゃんたちが、
「この寒波で来るべなぁ」と話していた。
季節の変化とともにやってくる魚で、県民に
ここまで愛おしまれている魚は多くないだろう。

ともあれ6日目の今日は海を眺めるだけ。
去年は某テレビ局が1ヶ月張り込んでも会えなかったとのことなので
あまり期待はしないようにしている。けど早く会いたいな。

Nikon D810 tokina10-17mm
NexusD700-D810
Inon Z330 × 2
Fisheye Fixneo3000

写真はアイナメ。
かれこれ5日間毎日アイナメに遊んでもらってます。
1日目、あんなに警戒されて写真を撮らせてくれなかったのに
昨日はついに撮影中に腕に乗っかるまでになった!!
手や腕を甘噛みまでしてきた!
相当長い時間ここにいたから流石に諦めたんだろう。
アイナメにとっては邪魔でしょうがないだろうな(笑)


アイナメ撮影ではイノン社のZ330が大活躍。
服部さんが「ワイドマクロにも絶大な力を発揮します」と
言っていたけどまさに圧倒的な光の拡散力!
フィッシュアイレンズでの接写でも光が隅々まで回わる。
他のストロボでも頑張ればある程度は回るんだけど、手前を意識すると
背景が暗くなっていたりするんだけどZ330では手前から奥までキレイに
光が回ってくれる。なんて有難いストロボだろう。


それにしても風が激しすぎる。。。

ではでは。

12.04.2018

アイナメに夢中です。

2019年12月4日
秋田県・男鹿半島
水温15℃  透明度10m
ダイビングショップ:シートピア

久しぶりに更新です。
屋久島での営業を終えてまた放浪中です。
しばらくはこのブログを使うと思います。

秋田滞在3日目です。
またまたシートピアさんでお世話になりながら
気ままに潜っています。
異様な暖かさの2日間でしたが、これから北国らしくなりそうです。
ハタハタに会いたくて来ていますが未だ姿を確認できず。
水温が高すぎるのが一つの原因のようです。
まだかな、まだかな。と待つのも楽しみの一つ。
祈りましょう。

でも会いたかったアイナメい出会えて結構幸せ。
相変わらず1人で潜っているので見つけ出せるか心配だったけど
五感を解き放ったら見えた。そこだー!!
初日は1mまでしか近寄れなかったけど、3日目にして随分と仲良く慣れた。
アイナメの卵
写真で見ては本当にこんなに美しいのだろうかと、、、
と思っていたけど、本当だった。
やっぱり卵はいいなぁ。

ではでは。