12.10.2017

ドバイよりも霧島でブルガリア。

結婚十周年でドバイならぬ霧島に来ている。
 
やっぱり霧島でしょう。
幕末の風雲児である坂本龍馬も長期逗留した場所で
あることからして、もはや世界的な場所である。
紅葉の名残が情緒を誘い、視界を遮るほどに立ち込める霧と湯煙は
これまでの鹿児島の印象を新たにしてくれた。
 
 
それはさておき、
さんにオリジナルプリントの記事を取り上げて頂きました。
 
それに伴い、今日までだった販売期間を延長して12月17日までとさせて頂きます。
すでにご注文を頂いている方の分は制作を開始しております。
(感謝多大!ありがとうございます!!)
 
「アオウミガメと光」
これが一番人気。
屋久島の写真ってのが密かに嬉しい。
アオウミガメには毎日毎日で会っていて、その旅にカメラを向けている。
それでも一年間で「オウッ!」と思える写真は意外と少ない。
この時は丘の稜線に太陽が沈むほんの少し前だった。
太陽が姿を消すほんの10分か20分は海中のマジックアワー。
写真はその時の感動を収め切れているのか、、、、、悩ましい。
それでもふと写真を見返した時に鮮明にその時の光景を思い出させてくれる。
 
 
鹿児島で買ったブルガリア産のワインで
ヘベレケになってきた。
寝よう。かな?

12.03.2017

海中も冬の色どり

2017年12月3日
鹿児島県・屋久島
水温22℃? 透明度30m 北東
 
一日一潜。
あとは引き篭もって創作活動。
 
海中は冬爛漫!
冬はついつい壁に向かってしまう。
ホヤやカイメンやヒドロ虫などが壁で密やかなに賑わいを見せる時期。
ウミウシも随分と目に付くようになった。
しばらくは壁と向き合う日々が続きそうだ。
 
 カイメンと八放サンゴの仲間?
 
 緑のカイメンとコケムシの仲間?
 
ヒドロ虫の仲間
 
2月10日まで「期間限定オリジナルプリント」受付中です!
結構奮発した仕様になっていますのでお買い得ですよ~。
 

12.02.2017

長崎県・五島列島 中通島 サンゴとソフトコーラルとマグロとおっぱい

 2017年11月18.19.20.21日
長崎県・五島列島・中通島
水温20-21℃ 透明度10-15m 北西3m
お店 「五島ダイビングセンター ナイスばでぃー」
 
気が付くと師走。
一年で一番静かな時だけど、なんとなく忙しない。
ひとまず上五島のブログを書かないと。。。
 
福江島からフェリーで1時間。
上五島の中通島までやって来た。
の奈津美さんに迎えに来てもらって、
到着するなりファンダイビング!
 
中通島は福江島よりもさらに入り組んだリアス海岸。
風の影響は少ないけど島嶼間は、
渦潮ができるくらいの流れになっていた。
さぞかし華やかな海中景観なんだろうと、期待に胸が膨らむ。
 
哲也さんのブリーフィングで期待がさらに膨らむ。
 
北西の風で波が3-4mの予報だったからフェリーもダイビングも
心配していたけど無事に潜れちゃった。
 
水中はテーブルサンゴとソフトコーラルが交互に咲き誇っていた。
天草とか愛南町とか大分のあの辺とか、、、それに似てるかな。
温帯と亜熱帯がせめぎ合って葛藤しているような海。
でもやっぱり一味違う。五島味だ。
常連さんからは透明度が良い時は、
こんなものではない楽しさだと聞いた。
 
壁にはヤギの仲間が一面に広がっていて圧巻。
 
 タツノオトシゴ
 
歩いてポンっ!
って名前のビーチポイント(笑)
お店の目の前で、超絶楽ちん。
そしてやっぱりこんな場所が好き(笑)
 
 
ハコフグ
五島列島の名物、
「かとっぽ」で愛されている魚。
このままハコ焼きにして食べちゃう。
むか~し食べたことがあるけど美味しかったなぁ。
 
でも近年はイリーガルに変わったはず、、、
まぁその辺は自己責任かな。。。
 
三陸のホヤが美味しかった~なんて話をしていたら
ホヤを見せてもらえた(笑)
哲也さんありがとうございます!!
かなりグッときました!
九州ではあまり見かけない。
 
チャガラ!
見かけたらひとまず撮る。
 
記念撮影~。
皆さまありがとうございました! 
 (奈津美さんプロですね!!写真!)
 
ギュッと濃密なブログなので密かに4日分。
龍馬もこの地にいたんだって。
車を借りてグルグル。
平戸島が見えてなんだか感動した。
もうあれから一年以上経ってるんだな。。。
 
ある日の夜。
囲炉裏を囲んで絶品のクエにお肉に美味しく頂きました。
哲也さんみなさま、楽しいひと時を有難うございました!!
 
 
イルカ!??
 
イルカだ~!!!
 
違った。
本マグロことクロマグロさま。
泳ぐ宝石です。
 
資源量が2.7%(人が獲らない状態を100として)のマグロさま。
今や絶滅危惧種に指定されてしまった。
マグロと共に日本の海の未来を考えたい。
マグロさま脳みそ小さいらしいけど。

帰りの飛行機からの五島列島。
おお~!!!
帰る時でもワクワクする。

おおっ!!?
 
これは、、、おっぱいだ!
どうみても、、、。
ドキドキするぞ。
 
おおっ!
これはなんだか癒しの光景!
 
あっ屋久島だ。
楠川の車エビ養殖場だ。
 
ただいま~。
 
ちょっと飛行機が遅れて、なんだかんだトラブルが多くって
ギリギリ!
兵庫県の高校生(自然科)に海の話をした。
日本の海の豊かさと、
疲弊しきった日本の海の現状など、
矛盾上等で語ってきた。
くすりとも笑ってもらえなかったけど、、、
講演が終わった後にも女子高生たちが質問に来てくれて、
嬉しかったなぁ。
 
12月10日まで「期間限定オリジナルプリント」受付中です!
結構奮発した仕様になっていますのでお買い得ですよ~。
 

11.28.2017

期間限定オリジナルプリント販売 

今年も残すところあと1ヵ月。
予定は何にも入れていないので、
存分にこれまでの整理をしていきたいと思う。 
 
春に一年間の日本の旅を終えて 、今年、来年は
離島をちょこちょこ周ろうと決めていた。
来年で日本の旅も一区切りできるかな。
もちろん日本の海は生涯のテーマだけど、
日本の海ばかりを見ていても日本の海の事は分からない。
屋久島にいるだけじゃ屋久島の魅力が分からないのと同じこと。

日本の旅をまとめた何かは今準備中。
もう少し時間はかかりそうだけど、必ず形にしよう。


ひとまず写真販売をすることにします。
日本の海から5点厳選しました。


1 水くらげ (知床半島)


2 礼文島のとゴマフアザラシ (北海道)
※タイトル変更しました。


3 アカモクの森 (長崎)
 
4 流木と魚 (屋久島)

5 アオウミガメと光 (屋久島)

作品は美術展でも展示できるクオリティの仕上りです。
最高品質の紙に耐光性に優れたプリントをアクリル板に圧着してあります。
透明感があり、海の質感が良く出るのが特徴です。
裏面の木枠によって壁に掛けるだけで立体感がでます。


完成品
(※色合いは実物とは異なります。)
 
アクリル板と黒の塩ビマットでプリントを挟んでいます。

 後ろにサインとシリアルナンバーを入れさせて頂きます。
 
サイズ A3(420㎜×297㎜)
販売価格 46,500円 (一作品、税込み、送料込み)
※期間限定の割引価格です。
販売受付期間 11月28日~12月10日
yahoo!ニュースに載せて頂きました。
※12月17日まで延長します!
(受注分は制作を開始いたしました)
 
ご注文からお渡しまで1ヵ月程度かかります。
(できるだけ年内にと思っていますが。)
 
 
「ご注文方法」
下記のアドレスにメールにてお願いします。
facebookのメッセージでもOKです。
 
《記入事項》
1 お名前
2 お届け先の住所と電話番号
3 作品のタイトル 
4 注文点数
5 その他ご要望や、質問など
 
 
自宅鑑賞用、プレゼントなどに是非よろしくお願いします。
 (次なる旅の資金になります!)
 
 
 

11.24.2017

長崎県・五島列島 福江島 クジラのいた海

 2017年11月14-17日
長崎県・五島列島・福江島
水温20-21℃ 透明度5-10m 北西3m
やっと着いた~。。。。(涙)
屋久島を出てから22時間。
飛行機を乗り継いでトントンと来る予定だった。
それなのに空港から車で港へ行って、フェリーで鹿児島、
夜行バスで福岡、電車で福岡空港、そんでようやくの五島列島、福江島!
はぁぁぁぁ~。。。遠かったぁ。

まぁそれはそれで結構楽しかった(笑)
でも委託された仕事に2時間ほど遅れてしまった。

飛行機から見る五島の島々にまず感動。
思った以上の島嶼群。
九十九島を彷彿とさせる島なみであり、
海に降り立ってみると瀬戸内海や伊勢湾のようでもあった。
いずれもリアス海岸であって、
つまりは山地が沈み、谷が海水で埋まることで
海になったということだろう。
島々の間は潮流が激しく、干満差も大きい。

ネドコロノラ
今回は養殖のブリの撮影を頼まれてやって来た。
生け簀での撮影の3日間は単調でありながらも楽しかった。
意外なほどに難しかったし、学ぶことも多かった。
それらは公表できないので陸の一コマ。
田舎にあるゲストハウスで、オフシーズンだからか誰もいない。
一棟貸し切りで、超贅沢な空間だった。

でも寒い。。。
今年初の寒波が降りてきていて、最低気温6度。。。
裸足にベンサンの身には堪える。

隙を見ては海で泳いだり島を巡ったり。
西の海岸で潜っったり。

サンゴとイバラカンザシ、そしてシワヤハズが印象的。
でも魚は思った以上に温帯種が多い。
対馬暖流がドーンと当たってもっと亜熱帯っぽい、
屋久島に近い海だろうと想像していた。

カミナリベラの群れ。
 
ニシキカンザシヤドカリ

タワシウニ
磯焼けした地域で多く見かける。

サザエ
温帯の海藻は年々減っているようで、サザエにとっては深刻な問題だろう。

シワヤハズとエンタクミドリイシ
シワヤハズは屋久島の秋-冬に繁茂する海藻。
温帯種の魚が多いのに、海の景観は亜熱帯に偏ってきている。

大瀬崎からの展望
 
 定置網を直す漁師さん。
70くらいの年配ばかり。
若い漁師を全然見ない。
 
 捕鯨の資料

この一帯は捕鯨の一大拠点。
上五島には鯨見山という 山まであった。
 
鯨を食べる文化も根強いようでスーパーでも見かけた。

海を見れば、クジラが泳いでいる。
そんな地域が昔の日本にはたくさんあったはず。
 
鯨が増えて魚がいなくなったという声を聞くことがあるけど、
一昔前の資料を見れば、こんなにクジラがいたのか!?
と驚くばかりである。
 
五島のイメージは変化の真っただ中にある海といった感じ。
例えば屋久島は温帯だった時代を過ぎてほぼ亜熱帯に変わっている。
4,50年前の屋久島はこんな雰囲気だったのだろうかと考えたりした。
でも、やはり違うのだろう。
黒潮の当たり方や大陸や本土からの影響などに加えて五島の地形である、
亜熱帯化が進んでも屋久島とは違う。

手形包丁
「水泳の達者な若者が鯨に泳ぎつき、胴体に
すがってこの包丁で穴をあけ、綱を通した」

すげぇ。
想像してもしきれない。
そんなことが可能なのだろうか。
命がけであったに違いない。

対して潜れなかったけど、お次は中通島へ!
 

11.08.2017

三島(黒島・硫黄島・竹島)巡り

 2017年11月7.8日
鹿児島県:黒島・硫黄島・竹島
デン島(湯瀬)・ヤクロ瀬
水温24-25℃ 透明度20-30m 北東1.5m-2m 

黒島・硫黄島・竹島の三島を合わせて、
三島(みしま) と呼ばれる。
一昔前は十島村(じっとうそん)と呼ばれ現在のトカラ列島
 の島々と同じ村だったようだ。

毎年サンゴ調査という国の仕事で訪れていて
今年で7回目の参加となった。
屋久島の隣の島々とは言え気軽には来れないので
毎年の楽しみの一つでもある。
サンゴ調査自体もサンゴの事を考えて、
記録に収めるという楽しいもの。
更にそれとは別に、調査で潜ることもできるので
みんなウキウキなのだ。


宿泊した硫黄島と2日目に訪れた竹島は
鬼界カルデラの外輪山にあたる。
約7300年前に破局的噴火をしたとされていて、
当時、南九州に住んでいた縄文人は全滅したとも言われている。
そんな大噴火の痕跡を、島々を周りながら感じられるのも
この島めぐりの醍醐味だろう。
 
黒島
屋久島との間ではハンドウイルカ(?)が20頭ほどいた。
  
 この近海では随一のカッコ良さ!
デン島こと湯瀬!
 
 見る角度を変えると、
温泉マーク!?
 
カッコよさだけではなく
薩南諸島きっての回遊魚の多さで有名。
 
 硫黄島。
確か日本には3つの硫黄島があったはず。
「あの硫黄島ですか?」と良く言われるけど
あの硫黄島は小笠原の南にあるので当然違う。
この硫黄島は西側から見ると一番カッコイイ!
と常々思う。
 
湧き出る硫黄成分と海水が混じり合い
サビ色の海になる。
平家の流刑人、俊寛僧都の物語は
この島の哀愁をより深いものにする。
 
 竹島。
ちょうど鬼界カルデラの外輪にあたるところ。
垂直に切り立った崖が印象的。
島の植生はほぼ竹(大名竹)オンリー。
 
湯瀬の海中。
回遊魚は外れたけど、魚影はいつでも濃い。
シラコダイとナメモンガラの群れが屋久島にはない光景。
 
三島はどこへ行ってもイボヤギの群生が目を引く。
 
 カメノテ
屋久島では人気過ぎて島の周りにはほとんどない。
ここでは立派なカメノテが残っている。

 竹島。
サンゴ調査の一コマ。
 
竹島の沈船 
 
 スジハナダイに混じってなんか写ってた!
婚姻色を見たことないから分からなかったけど、
フチドリハナダイかな。


ソフトコーラルが多いエリアで生物も多い。

 
 最後に入ったヤクロ瀬は水族館のよう。
メジナ、イスズミ、オヤビッチャが沸くほどにいて、
その他雑多な魚たちが忙しなく泳ぎ回っていた。
 
硫黄島の東温泉。
強酸性でビリビリくる。
直前に怪我をしてしまったので、恐る恐る入った。
そしたらなんと、一瞬にして傷口が瘡蓋のようになった!
そんなに痛くなかった割りに効能が半端じゃない。
続けてビールを胃に流し込むと、
リラクゼーション効果まで加わった。
 
あ~極楽だぁ。