1.25.2018

クジラに逢う日、

旅立ちを前に。
5mmのウェットに、6.5mmのカブリに、ドライスーツ。
フルフットのプラフィンに、
ゴムのフルフットフィンに、ドライ用のフィン。
暖かいところに、寒いところに、ほど良いところ。
それぞれ行くので大荷物になって収拾がつかない。
やりたいこともそれぞれ違って、プチパニック。
準備が多岐にわたり数日がかりで、出発前からヘロヘロ。
なんだかなぁ。
早く潜りたい。
 
さて写真は久米島で初めて行ったときに出会ったザトウクジラ。
初めて遭遇した時のあの感動を思い出すなぁ。
今シーズンは久米に行けないくて寂しい。
 
近頃屋久島でもザトウクジラの情報が頻繁に飛び交っている。
大体12月から見られ始めて3月くらいまで目撃されている。
この10年くらいでそれが当たり前の季節変化になったけど、
それ以前はめったに見られなかった。
と漁師さんが教えてくれる。
屋久島はクジラが南へ行くときの通過点と言われているけど、
それも一昔前の話かもしれない。
奄美でも子育てのクジラが増えてきてると聞くし、
屋久島でもひょっとしたら子育てをしているのかもしれない。
温暖化やザトウクジラの生息数の増加もあるので今後に期待が持てる。
 
クジラが増えすぎて魚がいなくなると、
都市伝説のように言われているけどそうは思わない。
そりゃあクジラは魚を食べるだろうけど、一昔前の
日本にはクジラがウヨウヨいたと本には書いてある。
そして魚もウヨウヨいたと。
バランスを崩しているのは人間であって、責任転嫁はよろしくない。
魚もクジラもいっぱいの海、見れるかなぁ。
 


1.14.2018

飛び始め~フライイング・ビーグル号~

新しいおもちゃ(ドローン)を手に入れた!
さっそく名前をつける。
フライング ビーグル号!
いきなり家の中でぶつけちゃってゴメンね。。。
 
 
この1週間屋久島の冬の本気を味わった。
毎日アラレがカツンカツン降る。
家出好きのニャタロウが家から出ない。。。
 
ようやく天気が回復したので、一湊で飛んでもらった。
 
われらが一湊、矢筈岬
苦労して一湊の山に登ってもこんな絵撮れなかったなぁ。
ビーチから楽々撮れた。
でもちょっと飛ばし過ぎて、信号が途絶えて
結構焦った。。。
岬は曲がっちゃダメだね。。。
帰ってきてくれてありがとう(涙)
 
ホームグランドのタンク下
ドローンは映像の記録だけではなくポイント調査にもかなり有効。
ちなみに写真左側がタンク。
屋久島のポイント名の安易なこと。。。
 
飛行は安定してるけど、良い映像を撮るにはかなり練習が必要そう。
今年の冬は勉強ごとが多いな。
妄想はたくさんあるので、まぁがんばりましょう。

12.31.2017

潜り納め。

12月31日
屋久島 一湊
透明度20m 北西・波1.5~2.5m
年末に穏やかだなんて、珍しいと思ってたらやっぱり時化に。
潜ってる途中から揺れる揺れる。
写真も全然撮れてない。
 
写真はベタ凪だった昨日のもの。
水温が戻ってくると同時にクラゲもたくさん。
そこに紛れて、カレイの幼生!!
1匹見つけて追いかけていたら、フラフラと泳いで違うクラゲへ。
そしたらなんと、もう1匹!!
しかも写真を見返して気が付いたけど、違う種類だった。
 
2匹になったのはほんの一瞬で3枚しか撮れなかったけど興奮したなぁ。
突然やってくるこんな出会いがたまらない。
また来年もこんな出会いがあることを願って。
 
それでは、良いお年を!!!
 

12.30.2017

水中無脊椎動物の夜明け!

屋久島
12月30日 一湊
透明度20-30m 水温21.7℃ 西の風・波1m
 
猫と戯れて、潜って、カタカタして、ネコと寝る。
家族も友達も帰省して一人の年末。
でも新しいおもちゃを手にして、結構楽しんでる。
 
INONより新発売のストロボ、Z-330が届いた!!
けど今回はクローズアップレンズ「UCL-90 M67」のご紹介!
まぁ感動した。
浦島いたる気分ですな。
 
実はクローズアップレンズあまり好きじゃなかった。
撮影倍率は上がるけど、ピントが合い辛いし、
重いし、画像は荒れるし。
トリミングでいいじゃん派だった。
今のカメラならトリミングでも画質もそこそこ良いし、
ピントは奥行きもあるし、何よりクローズアップレンズを
付けることで失われるシャッターチャンスがない。
 
生態シーンを逃すことほど、悔しいことはない。
だからクローズアップレンズなんて!!
って思っていたのは昨日まで。
時代は飛躍的に進歩していた。。。
よく考えたら、取り付け式のクローズアップレンズ使うの
コンデジ時代以来だった(笑)
余裕で10年経ってるし。
 
「あの~ピンと合いませんけど!?」
ってことが一切なかった。
テレコンと違って露出は暗くならないし、
最短撮影距離も程よいし。
そして一番気になっていた画質は、、、
最高です。。。
もうトリミングで十分なんて言っている人は
あれだな、北京原人。
うん。
 
撮影倍率は6倍!(面積比かな?)
タムロンの90㎜仕様での数字で
105㎜なら8倍だとか。
それでこの撮りやすさなら、ケチのつけようがない。 
うんちくは良いから早く写真出せと
言われそうなので、、、。
はい。
 
ヒドロ虫の仲間(トリミングあり)
しまったいきなりトリミング作品。。。
クローズアップレンズで撮影したものをトリミングすることで
肉眼では楽しめない領域へ!
 
ホヤの仲間(トリミングあり)
ここはどこ?
 
 
ホヤの仲間(トリミングあり)
なにこれ、、、。
 
ホヤの仲間(トリミングなし)
 
 小さなホヤだけどちゃんと顔がある。
 
オキナワベニハゼ(トリミングあり)
 ボケ味も良い感じ。
 
 チゴケムシ・外肛動物(トリミングあり)
最近は実ははまってるのはコケムシ(笑)
 
コケムシの仲間とホヤの仲間(トリミングなし)
枝分かれしてるのがコケムシで背景はホヤの仲間。
 
コケムシの仲間(トリミングあり)
モフモフしてた。
 
今回使用したのは「UCL-67」
そして数日前?には新たに
「UCL-90」というものが発売された!
これは倍率を少し下げて取り回しをより良くしたもの。
105㎜レンズを使っている人には、いいと思う。
試してないから何とも言えないけど。
 
 
 
まだ2ダイブしか使ってないけど 、
新しい世界が見えたな。
冬の遊びには欠かせないレンズとなりそう。
繁殖期の卵祭りにも活躍してくれそう。
 
あ~たのしい。
 


12.24.2017

ありがとうビーグル号!

相棒がそろそろ休みたいと言ってきた。
日本中を一緒に共にしてきたビーグル号。
後ろのバンパーが落ちて、運転席のドアも落ちかけてて、
その他諸々傷だらけ。
一緒に色んな海を見てきた。
もうすぐ休めるぞ。
あとほんの少しだけ宜しくね。
 
ごくごく一部だけど、思いで写真を載せておこう。
 
 
能登半島
 
男鹿半島
 
礼文島
 
オホーツク
 
能取湖 
 
根室
 
襟裳岬
 
 
宮城
 
大阪
 
東京
香川
 
 
四万十川
 
 佐多岬
 
ありがとうビーグル号。
ほんとに泣けてきたぞ。。。

12.10.2017

ドバイよりも霧島でブルガリア。

結婚十周年でドバイならぬ霧島に来ている。
 
やっぱり霧島でしょう。
幕末の風雲児である坂本龍馬も長期逗留した場所で
あることからして、もはや世界的な場所である。
紅葉の名残が情緒を誘い、視界を遮るほどに立ち込める霧と湯煙は
これまでの鹿児島の印象を新たにしてくれた。
 
 
それはさておき、
さんにオリジナルプリントの記事を取り上げて頂きました。
 
それに伴い、今日までだった販売期間を延長して12月17日までとさせて頂きます。
すでにご注文を頂いている方の分は制作を開始しております。
(感謝多大!ありがとうございます!!)
 
「アオウミガメと光」
これが一番人気。
屋久島の写真ってのが密かに嬉しい。
アオウミガメには毎日毎日で会っていて、その旅にカメラを向けている。
それでも一年間で「オウッ!」と思える写真は意外と少ない。
この時は丘の稜線に太陽が沈むほんの少し前だった。
太陽が姿を消すほんの10分か20分は海中のマジックアワー。
写真はその時の感動を収め切れているのか、、、、、悩ましい。
それでもふと写真を見返した時に鮮明にその時の光景を思い出させてくれる。
 
 
鹿児島で買ったブルガリア産のワインで
ヘベレケになってきた。
寝よう。かな?

12.03.2017

海中も冬の色どり

2017年12月3日
鹿児島県・屋久島
水温22℃? 透明度30m 北東
 
一日一潜。
あとは引き篭もって創作活動。
 
海中は冬爛漫!
冬はついつい壁に向かってしまう。
ホヤやカイメンやヒドロ虫などが壁で密やかなに賑わいを見せる時期。
ウミウシも随分と目に付くようになった。
しばらくは壁と向き合う日々が続きそうだ。
 
 カイメンと八放サンゴの仲間?
 
 緑のカイメンとコケムシの仲間?
 
ヒドロ虫の仲間
 
2月10日まで「期間限定オリジナルプリント」受付中です!
結構奮発した仕様になっていますのでお買い得ですよ~。