5.25.2020

生態フォトギャラリー更新しました。

2020/05/25
Yakushima


New web photo gallery opened!
part2!
Please check here!


Since I was free, I made a website for introduction of my works. 
And for my friends who have a lot of time because of Corona virus.
Hope these photos will make you feel a little better.
I will upload another gallery to this site during Corona days.


フォトギャラリー更新!
13年前?の大瀬崎から現在までの30点.
上のリンクからどうぞー。



5.09.2020

アカウミガメの産卵が北太平洋一の砂浜で。

2020/05/10
屋久島

この数日はアカウミガメのことをずっと考えている。
気がつくとウミガメを追いかけ初めて10年以上経っていた。
そろそろウミガメも何か形にしたいな〜とあれこれと思い悩みながら
写真を整理して、ストーリーを構成して、さらなる撮影に向けてイメージして。
まぁ飽きることがない。

今年は自分が調査してる限りではアカウミガメは少なそだけど、
日本一の産卵地なのでそれなりには必ずくる。
砂浜さえ健全な状態であれば、アカウミガメの故郷としてこれからも
連綿と命が繋がれていくだろう。
北大西洋で唯一の産卵地が日本でその中で最大の場所が屋久島だ。
他の地域では産卵地としての機能がなくなった浜も多いようで
なおさら屋久島の浜の大切さは際立ってくる。


相変わらず暇なので今日は家族で夕の散歩に西部までやってきた。
イッチに呼ばれていくとハナオコゼ!
それにギンカクラゲやガザミも近くにあった。
それに遠方から流れてきたであろうフクロノリやホンダワラの仲間、
エボシガイなどなど。それにまぁゴミも色々と。


この浜は僕が屋久島で一番好きなところ。
浜が小さいのでカメの産卵は少ないけどロケーションがいい。
でも大雨が降ると川が砂浜を分断したり遮ったりして
この数年まともに撮影できていない。
今日は砂浜の半分が産卵不可になっていたので少しでも改善できれば
と思いカメスロープをせっせ作った。
写真の左半分は川が横切る可能性が高いし、波でえぐられて
できた段差なので、卵を産んでも孵化までたどりつけないだろう。
やはり植生があるところまで上陸してもらうのがベストだ。
少しだけ段差を削って浜の角度をなだらかに。
わずかでも役に立ってくれるといいな。


曇天だけど気持ちがいい浜。 




ほんと良い浜だなぁここは。

誰もいない夕方の浜で奇行に走る男あり。
まぁなんだ。
きれい過ぎる海がいけない。
と男はぼやいたとか。ぼやかないとか。


5.01.2020

襟裳(えりも)岬の夜

2020/05/01
屋久島 -Yakushima



New web photo gallery opened!
part2!
Please check here!
「Itaru Takaku Photography」

Since I was free, I made a website for introduction of my works.
And for my friends who have a lot of time because of Corona virus.
Hope these photos will make you feel a little better.
I will upload another gallery to this site during Corona days.


海外の旅の請求書がしてガクガク震え、
持続化給付金の申請が全然できずに落胆しながらも
なんとか平常心を保ち、ほのぼのと過ごしている。

ようやくフォトギャラリーその2を開設!
どれもこれも思い出の写真なので見てやってください。
光回線の工事が延期になり程よく見れる範囲で最低限の画質に抑えたけどどうだろうか。
(というか光回線の工事はスーパーよりも生活に必要だと思うんだけど。
           ネットができないとテレワークなんてできないでしょ。)




一枚だけ思い出の写真をここにも載せておこう。
襟裳(えりも)岬で撮った星空。
2016年近年で最も北海道に台風が上陸した年で、その影響は凄まじく、
ピザホテトが発売停止になったほど。あとカールも。
当然海も時化続きだった。
襟裳岬には10日以上いたけど前半はずっと大時化で、この地でよく
撮影しているカメラマンも見たことがない景色だと教えてくれた。
そんな中である日の夜、たった30分だけ青空が広がった。
風の岬と呼ばれるこの地ではもともと晴れ間は少ない上に、
悪天続きで諦め気味だったけど、突然空が開けた。
荒ぶる波と星空という相反する2つの条件が、ほんのひととき交錯した瞬間だ。
慌ててキャンピングカーから飛び降りて、カメラと三脚を持って岬へと走った。
何枚か撮っているうちに、あれよあれよと雲は広がりまた霧がかった空に戻っていった。

きっともう2度と出会うことはないのだろう。





4.27.2020

ナマコを歩く 〜クリイロナマコを食べてみた〜

屋久島 Yakushima




クリイロナマコ
「あの人はどんな状況でも草でも食べてでも生きていけるよ」
的な誹謗中傷!?を浴びているらしい。
ボクは。
いやいや褒め言葉か?
まぁ、なんにしても草んなて食べないし。
いや、、、待てよ、最近ヨモギの天ぷらやらノビルやらを食べたな。
長命草もツワブキも、、、川べりのクレソンも食べたぞ、、、。
まぁまぁ。落ち着こう。
草ばかり食べているわけじゃないしね。
もっと栄養価の高そうなものだって食べてるから!!

はい、ナマコ拾いました。
マナマコは結構好きでコノワタ(珍味と言われる内臓)なんて大好物。
それに日本酒できゅーっと!たまらない。



「ナマコを歩く」 赤嶺淳 新泉社

屋久島ではマナマコないし、ノーマークだったけどこの本を読んで
俄然興味が湧いてきて、ずっとためらっていた南方のナマコに手を出してしまった。
中国では30種類以上のナマコを食していて、実は南方系ナマコの数は多い。
最高級はやはりマナマコなんだけど、大きいバイカナマコやチブサナマコなんかも
高級品のようだ。
ナマコに関することはもちろん、ナマコを通して世界の海の環境問題や、
それに対する国のあり方まで様々な視点で書かれていて面白い。





タイドプールに転がっていたクリイロナマコ。
どう見てもマナマコのような洗練された体躯ではない。
なんだかゴツゴツしてるし、色合いもちょっと悪いし、
草でも食ってるように見られているボクでも(コンチクショー!)
正直躊躇せざるを得ない。食べちゃダメですよー的なオーラ出てるし。
というかもう勇気を振り絞って拾い上げた。

とはいえ結構食べられているみたいだから、食べても問題はないだろう。
じっくり煮込んだらプルンプルンで美味しいらしいし。
まずは半分に切って、内臓を取り出す。
あっこれもコノワタか!!
ちょっとそれっぽい部分をチビっと食べる。
あっコノワタっぽい味だ!!

、、、あれ、、、。
なんか喉がビリビリするような。。。
なんかマズイ気配だ。。。

これがナマコの毒のサポニンか??
中国では基本乾燥品を食べているのでこんなフレッシュな
サポニン全開なナマコは食べないから問題ないのだろうか。
まぁこんなところで体を張ってもしょうがないので、ひたすら茹でたり洗ったり
放置したり、気がついたら3日も経っていた。



1回軽く茹でた後のナマコ。
スライスして食べた。プリンプリンでゴムみたい。
なんとなくまだサポニンを感じる。




ひたすら茹でる。この写真はほうじ茶を入れて煮込んだ絵。




3日目からは和風出汁で味付けしながら煮込む。
随分小さくなって味も染みてきた。
スライスして食べる。
相変わらずプリンプリン。ゴムみたい。
でも結構美味しいかも。
でも、こんだけ手間をかけて食べる価値があるのだろうか。

これなら草でも食べてた方が楽かも。。。


時を同じくして手間のかかる燻製も作った。
結構大変なんだけど、ナマコに比べたら実に簡単。

ナマコはもういいかな。
あっでもバイカナマコはやはり行くべきか。
海の男としては超えなきゃいけない壁な気もする。

つづく?


4.22.2020

「Itaru Takaku Photography」初公開!

2020/4/22
Yakushima / Japan

New web photo gallery opened!
Please check here!
Since I was free, I made a website for introduction of my works.
And for my friends who have a lot of time because of Corona virus.
Hope these photos will make you feel a little better.
I will upload another gallery to this site during Corona days.


暇ですね。
己を振り返る日々。
この機会に過去の写真を全て整理してやろうと意気込んでいるけど大変。
ひとまずフォトギャラリーを新設しました。
本家HPは発色が悪いので、ギャラリーのみ別サイトにて新設。
これまで撮りためてきた、また温めていた写真も公開しているので
お時間ある人は、ぜひ見てやってください。
1ヶ月くらいかけて徐々に完成させていきますので、他のギャラリーもお楽しみに!
窮屈な生活を強いられている皆さんにとって、少しでも癒しになればと願って。



春爛漫の屋久島より

あっそうだ、サイトのトップ画像はクリックするたびに写真が変わるようになってます。


Underwater Photo Equipment
Nikon : D810 Nexus : D810
INON : Z330×2
FISHEYE : Fixlight neo3000DXⅡ

4.13.2020

春の潮溜まり 〜木の芽流し〜


2020/04/13  屋久島
カナダから帰国して2週間と少し、本当なら今頃に屋久島に帰ってきて、
バタバタとダイビング業の準備に追われるはずだった。
それが今は庭で土いじりしている。散歩して食べられる野草を採ったり、
海辺で海藻や貝を拾ったり。なんて平和なんだ。
予定していた生き物や、人に出会えない寂しさはあるものの、結構この生活が気に入ってる。
しばらくはダイビング業のことを考えるのはやめて、写真の整理や創作活動に専念かな。いつだって現金には直結しないけど、やらなければならないことはたくさんあるのだ。

春は昼に良く引く潮。この時期の大潮の海辺では磯もん取りの人をよく見かける。
自分にとっては絶好のタイドブール日和。これからしばしの間は海藻で華やかに彩られた潮だまりが楽しめる。
よく潮が引いたとには稀にロウソクギンポが集結することもある。ごくごく小さなタイドプールに一帯のギンポが全て集まったのだろう。
こんな光景を近所を散歩しながら見れてしまう。
しかし、密集し過ぎ!もう少し距離を取りなさい!
と思わず言いたくなる。

今日は日中激しい雨が降った。
木の芽流しと呼ばれる雨だ。屋久島では木々が喜ぶ声を聞くことができる。
夜になって北西風に変わり霰が降った。
今期最後の冬日だろう。
そして余った灯油を使い切るチャンスとばかりにストーブに火を灯した。
あったかい。
いつもと違う春の訪れに戸惑いながらも、1日はあっという間に過ぎてゆく。

4.05.2020

誕生日には風景をプレゼント。


2020/04/04
屋久島-Yakushima







13年くらい前、まだ少年が嫁のお腹の中にいた頃に一緒にここにいた。
生まれて1ヶ月は保育器からでれず、またあまりの小ささに
オロオロとしていた日々が懐かしい。
今日は12歳の誕生日だったので、記念に山を一緒に歩いた。
新緑や苔を見ながら、猿の食事を観察。
休憩所で特盛りのうまかっちゃん(とんこつラーメン)を食べる。
ちなみにバーナーはあるのに火を忘れるというまさに一番やってはいけないミスを
犯すも山ガイドの太郎くんに助けられてことなきを得た。
後半疲れて休みたいなと思っているのに、グングンと先へ進んでいく少年。遠くから振り返って大丈夫ーと心配してくれる。
大きくなったなぁ。
しみじみと子供の成長を実感しながら森を歩いた。
太鼓岩ではピークを迎えた新緑と山桜が美しい。
「イチロおめでとう、パパからの誕生日プレゼントだ!」
プレゼントを買ってないから思い出作戦でごまかしただけなんだけど、
物質をプレゼントするよりもよい記憶や経験となってくれるようにも思う。

途中ですれ違ったのは数人の観光客とあとは地元民でほとんど子連れ。
こんな機会だからこそ家族の時間を大切にしていきたい。
(たまにはいいこと言う。説得力薄いとは思うけど。)







ちなみに晩のリクエストの小籠包は手作りで大失敗だった。。。



誕生日おめでとう。